立体駐車場との相性

2016-06-011

2016-06-010

 

日常的に立体駐車場を利用される方にとって全高2.1mというのは重要な数字。

入場可能な車両の高さを2.1mか2.2mに制限している駐車場がとても多く、2.3mに近い全高を持つハイルーフ車では入場できないケースがかなり多いのです。

ですので、日常使いを考慮しながらキャンピングカー選びをする際には全高2.1mという数字が重要な意味を持つというわけです。

そして、高さを2.1mに抑えつつ、室内容積を最大限に活用する方法と言えばエレベーティングルーフでしょう。

しかも、COMPOSERはナローサイズですので駐車の際や、旧街道などの狭い道も安心です。

 

あわせて読みたい