空飛ぶタイヤ

実話に着想を得たフィクションであろうとは思うのですが、読み進むうちに

(もしかしてココの部分はノンフィクション?)

と考えてしまうような部分がバンバン出てくる。

そのうちに、

(へーっ、あの会社、こんな感じなのか。)

と、勘違いもしそうになります。

実際はどうなんでしょうか?

読み始める前から結末の想像はできるのですが、どのようにそこへ至るのか展開が全く読めず、はらはらさせられっぱなしで上下2巻はあっと言う間に読み終えました。

 

あわせて読みたい