太陽の塔

太陽の塔の内部が公開されています。

さっそく、48年ぶりに見に行ってみました。

いくつかの動物模型は48年前のまま再利用されているそうですが、ほとんどの模型は形状は当時そのままに、しかし新作だそうで、古代生物からクロマニヨン人まで、きれいなライティングで光っていました。

太陽の塔は外観と内部を合わせて初めてそのコンセプトを表現出来るんだなと改めて確認。

とは言っても、やっぱり塔そのものの存在感には到底及ぶべくもなく、みんなで間近から見上げて呆れて(リスペクトして)これを作った岡本太郎さんや、そもそも岡本太郎さんに依頼しようと決定した主催者や、現場で格闘したであろう工事関係者さんや、EXPO閉幕後の解体計画に反対して永久保存を勝ち取った人たちに深く感謝。

ーーーーーーーーーーーーーー

内部の見学は事前に予約が必要です。

http://taiyounotou-expo70.jp/

あわせて読みたい