ZERO to ONE

ペイパルの創業メンバーであり、Facebookなど数々のIT企業のスタートアップに深く関わった著者による起業指南書。

 

こういった、大成功を成し遂げた人物による書物には二通りありまして。

A、何を言ってるか理解不可能。おそらく、再現性無し。天賦の才に恵まれているんだろう。

B、論理的。筋道たった考え方だから、書いてるとおりにやれば他の人でもできるかも。

ピーター・ティールは完全にB。

書いてることは理路整然。

全部、同意できます。

 

ただし、ハードルは高い。

入社希望者に必ず聞く質問は、

「世の中のみんながウソだと思っていることで、実は真実なことって何かある?」

これを探すのが彼のビジネス。

 

みんなが真実だと思っていることは、みんながやるから競争に陥るだけ。だから、やらない。

みんながウソだと思っていて、実は真実なビジネスは、誰も手を出さないから市場を独占出来る。

 

参りました。

 

 

あわせて読みたい