ラ コリーナ

ココでキャンピングカー販売したいと思った建物。

「ラコリーナ」とはイタリア語で「丘」という意味だそうです。

先日、近江八幡の有名菓子店さんが運営するその「ラコリーナ」に行ってきました。

広い敷地にはガラス張りの菓子工房が見える売店や、カフェ、レストラン、お土産ショップなどいくつかの施設が点在し、たくさんのお客さんは思い思いにノンビリ過ごされています。

焼きたてのバウムクーヘンはとても美味しくて良かったのですが、味そのものよりも、店員さんの立ち居振る舞いや店内の天井や壁の装飾、イスとテーブルのデザイン、そういったものがとても心地よく考えられていて記憶に残ります。

お菓子屋さんも、と言うか、家の近所にもいくらでもあるお菓子屋さんだからこそ、企業コンセプトや目指す世界観を打ち出して、消費者の共感を得ることが大事なんだろうし、ココはそれがとてもうまく回っているようです。

その証拠に、お菓子屋さんの駐車場としては広すぎるでしょ、と言いたくなるほど広大な駐車場は休日の午後は満車になって入ることすらできない状況になるそう。

なかなか真似出来ないのですけどね。

http://taneya.jp/la_collina/index.html

 

 

 

 

 

あわせて読みたい