キャピタリズム ~マネーは踊る~

http://www.capitalism.jp/

1年前に公開されたマイケル・ムーア監督作品。
先日、WOWOWで見ました。

保安官がやってきて玄関ドアをぶちこわし住宅ローン返済に行き詰まった住人を強制的に追い出す。

アメリカ合衆国の強さの源がキャピタリズムにあることは明白だけれども、その一方、弱者がどういう状況か知る必要はないでしょうか。
自国民が犠牲になることも厭わない連中ですから他国民のことを鑑みるわけがありません。
民主主義という制度を他の国に押しつけることも、もしかしたらキャピタリズムに隷属させる国家を育成しようとしているのでは?

日本も?

あわせて読みたい

コメントを残す