エコカーの買い換え補助金

燃費が良い車に買い換えることを単純にエコと呼んで良いのだろうか?
車一台を生産するためには多大なコストがかけられる。
もちろんその過程で二酸化炭素も発生するはず。
製造時に発生する二酸化炭素を含めて考えたとき新車をどのくらい使えばエコになるのだろう。

少しネットで調べてみたところ下記のような状況がわかった。

1リットルのガソリンが燃焼することにより発生する二酸化炭素は2.3kg。
1台の車を製造することにより発生する二酸化炭素は2~3トン。

ここでは単純化するために下記の条件で計算する。
新車の製造時発生二酸化炭素・・・2.3トン
今現在所有する車の平均燃費・・・10km/リットル
新車の平均燃費・・・・・・・・・・・・・・・12km/リットル

Xkm走行段階での発生二酸化炭素を新車、中古車それぞれA,Bとする。

A=2300+(X/12)x2.3
B=(X/10)x2.3

両車の二酸化炭素が同じになるとA=Bだからこれを計算すると

X=60000km

新車製造時に発生する二酸化炭素を低燃費の新車でカバーするためには6万キロ走行時にやっと同じとなる。

もちろん今の車の燃費がもっと悪ければもっと早くエコに転じる。
でも、それほど大げさにエコエコって言うほどのもの?。

素直に景気対策って言っていただきたい。
古い車を大切にされている方の気持ちを大切にしてください。

---------------

参考にさせていただいたサイト
エコチュウ

あわせて読みたい

コメントを残す