夏草の賦

2016-01-26 22.20.05

戦国時代、四国制覇まであと一歩のところまで迫りながら、結局は織田勢に屈した土佐藩主、長曽我部氏の物語。

土佐を囲む山や海が情報の遅れというハンデを生み、結局はそのハンデを乗り越えられなかったということなのでしょうか。

「地政学的に・・」という言葉を最近よく聞くように思います。

シリアで暮らす普通の市民には何の罪も無いはずですが。

人生はそれぞれの個性だけでは無くむしろ生まれた環境に大きく依存する。

当たり前。

ただし情報収集方法や行動範囲は拡がったのでそこは意識して活用しないと行けませんね。

旅の途中で「もしここで生まれていたら・・・」と想像を膨らませるのもいいかもしれません。

あわせて読みたい