罪の声

グリコ森永事件を連想させる小説。

あくまでもフィクションと言うことですが、描写があまりにもリアルなのでついつい「真実はこうだったのか」と勘違いしてしまうほど。

謎解きのおもしろさにひきこまれつつ、事件の背景にはこういった闇があるんだろうな、と考えさせられる内容でした。

 

 

 

あわせて読みたい