FFヒーターお勧め

昨年末は信州へスキー行。
スキー初日を有効に使うため、前日夕方ごろ大阪を出発して駒ヶ岳SAで仮眠。
寒波が到来しており、雪がちらつく中での車中泊となりました。

それにしてもFFヒーターの威力は絶大。
FFヒーターのダイヤルスイッチを時計の針で言えば12時あたりにセットしたのですが、それでは暑すぎて、途中から11時に変更しました。
リコルソSSではこの位置がベスト。
その後はシャツ一枚で朝まで熟睡できました。

リコルソSSの場合、FFヒーターは助手席の前から冷たい空気を吸い込み、ベッドマットの下に温風を吹き出します。
マットの下に吹き出された温風はベッドと周囲の壁面の隙間から室内へと上昇します。
そしてその後、助手席の前側から再びFFヒーターに吸い込まれます。

つまり、空気の循環が大きなループを描いています。
このため、室内の温度が均一に保たれるようです。
頭は暑いが足下は寒い、,といったバラツキが少なく、これが快適さの要因。

寒い時期の車中泊にはFFヒーターがお勧めです。

あわせて読みたい

コメントを残す