スオメンリンナ

デュッセルの帰り、乗り継ぎのヘルシンキで一泊。
世界遺産スオメンリンナに行ってきました。

ビジターセンターでもらったパンフレットによれば

・・・・海上要塞・・・・
・・・・スウェーデン王国の一部だった1700年代に建設が始まり・・・・
・・・・ロシア帝国に併合されていた19世紀の名残・・・・

などの記述があり、バルト海の要衝ヘルシンキを守る砦だったようです。

スウェーデンとロシアに挟まれたこの国、フィンランドが独立したのはロシア革命の起こった1917年、20世紀になってからなんだそうです。

独立と平和のシンボルとしてこの公園は整備されているようです。
大勢の観光客に混じって遠足らしき小学生の一団もいました。
ここで歴史の勉強をすれば史実とともに愛国心もすーっと頭に入るでしょうね。

Posted by Picasa

あわせて読みたい

コメントを残す