残留日本兵

横井さんと小野田さんだけでは無かったのですね。
知りませんでした。
1万人もいたんだそうです。

理由は様々。
アジア開放の理想に向かって現地政府軍に参加。
戦闘能力を買われて強制的に現地ゲリラに参加させられた。
帰国船は途中で攻撃されて沈没すると思った。
帰国したら軍事裁判で死刑になると考えた。
など。

現地が独立を果たしたり、内戦が少し落ち着いた1950年代にはほとんどの兵士が帰国したようですが、中には一生を現地で終えた人たちも。

今現在と過去の日本、国と個人の関係を考えさせられました。

あわせて読みたい

コメントを残す