孫文の辛亥革命を助けた日本人

中国へ行くと中山路という名前の通りがいろんな都市にあることに気がつきます。
かなり立派な大通りにつけられています。

あるとき、中国の取引先担当者にそのことを聞いてみました。
彼は「孫中山の名前ですよ。日本では孫文と呼ばれている人です。」
と説明してくれました。

きっと尊敬されている人物なんですね。

その孫文と日本人がどのように関わっていたのか興味深く読みました。
日本政府は常に冷たい対応でしたが民間に熱烈な支援者がいました。
第一回武装蜂起には戦闘に参加して命を落とした日本人もいます。
革命に失敗して日本へ逃げ延びてきたとき、住居を提供してかくまった人もいます。

「西洋列強は覇道を歩んでいるが我々アジアは王道を歩もう」、という孫文の言葉に共感したに違いありません。

Posted by Picasa

あわせて読みたい

コメントを残す