岡崎公園あたり

京都国立近代美術館で「バウハウスへの応答」なる展示をしていると聞き、出かけてみました。

その内容はプロフェッショナル向けらしく、バウハウスでの教育とそれが日本やインドに与えた影響と言ったテーマで、当時の教科書や生徒の課題作品が展示されており、ちょっとデザインが気になる程度の私には残念ながらよく理解出来ません。

「参りました。」とバウハウスの展示に別れを告げて、疲れたアタマを近くのテラスでクールダウン。

このあたりは、空間が広々していて気持ちが良いところです。

 

 

あわせて読みたい