解錠師

  

ちょっとした事情を抱えた金庫破りの話。
金庫破りと言っても暴力的に破壊するのでは無くかすかな変化を感じて解錠番号を探り当てる名人のこと。

アメリカの小説って淡々と話が進むのだけれど内容は派手なんですね。
最近読んだ小説がたまたまそうだっただけかもしれませんが。

Posted by Picasa

あわせて読みたい

コメントを残す