ソーラー発電

2016-07-20 08.37.40

屋根の上で静かに発電し続けるソーラーパネル

徳島工場にソーラー発電システムを取り付けて1年以上経ちました。

この1年間の売電金額は約150万円だったから、このまま行けば約7年で設備代の元が取れ、それ以降は丸々プラスになるはず。

実はそんな皮算用で設置した訳だけれども、このパネルが発電した分だけは確実に限りある原油の消費量は減っているはずだし、二酸化炭素排出量も減らせたことと思う。

世の中全体の量から見ればそれは微々たるもんだと思うけれども、それでも悪い気はしない。

世の中が大転換する過渡期にはいろんな問題が噴出して進化が一進一退するのだろうけれども基本的には太陽光エネルギー活用はどんどん進めるべきだと思っています。

 

 

 

あわせて読みたい