満願

6編のショートミステリー集。

いずれのミステリーも舞台背景や登場人物に共通点は無いのですが、どの作品にも共通して暗くてどんより曇った情景描写と、最初の1ページ目から何かとんでもない事件が起こりそうな予感が溢れてます。

いずれも人間のこだわり、執念、怖さを感じさせる極上の一冊でした。

あわせて読みたい