周荘

周荘は上海の西方約100kmに位置する水郷の町。
ミッションインポッシブルでイーサンハントが敵との戦いを演じた細い路地や縦横に作られた水路のある町並みを見たくて行くことに。
(ロケは周荘ではなく西糖)

ホテルのコンシェルジェに頼んで200元のツアーに参加するのがごく普通の行き方。
でも、我らが探検団としては時間に縛られるツアーは苦手。
別の方法を探してみたところ定期便バスならたったの24元で行けることが判明。
危うくぼったくられるところだった、ではこのバスで行こう!・・これがそもそもの間違い。
その後の間違いを列記すると・・・

バス乗り場を間違え、ツアーバスセンターへ向かってしまった。
しかも行く途中で道を間違え、随分遠回り。
気持ちを切換えて買おうとしたツアーバスの切符はパスポートの提示が必要と言われ買えなかった。
仕方なく地下鉄で上海の西の端まで行く途中、乗り換えの仕方が悪くて切符を再度購入する羽目に。
その後、ツアーの200元には周荘の入村料金100元が含まれているからぼったくりではないことが判明。
歩くのが面倒になって乗った20元の人力車にだまされて40元もの不要な遊覧船に乗る羽目に。
帰りは24元のバスに乗るつもりだったが最終便が4時半までなので乗れなかった。
結局200元どころではない出費となったこと。
仕方なくタクシーに乗ることにしたがタクシー乗り場に一台も止まっていない。
などなど。

でも。
水路端でいただいた中国茶はとてもおいしかったこと。
中国の若い女性グループと割り勘で手こぎ船に乗ったこと。
タクシー運転手さんが有名な景勝地を回ってくれていろいろ説明してくれたこと。
行き当たりばったりで入った食堂で出会った極上の豚肉料理・・・。
ツアーでは味わえない楽しさがここにはあります。

最後に。
団長、他のお客さんが乗車中のタクシーを無理矢理止めて、その車を奪うのは今回を最後にしてください。
海外での行動としてはあまりにも危険です。

Posted by Picasa

あわせて読みたい

コメントを残す