セラピードッグ

天気が良さそうだったので久しぶりにアンリを連れて六甲へ。
所々に雪の残る山道を快調に登る。
ほとんどいつも先頭を切って歩き、何かを見つけるとクンクンにおいを嗅いで探索。

我々のペースが遅いときはラグビーのフォワード選手が腰にロープを巻いて大型タイヤを引っ張る練習みたいな低姿勢でぐいぐい引っ張る。
こちらは引っ張ってくれるので楽である。

はち切れそうな元気良さは見ていて飽きることがない。
普段はほとんど会話のない夫婦なんだけどアンリを連れているときはなんだかんだとしゃべることがある。
笑顔もこぼれる。

テレビで見たセラピードッグ、アンリは知らない間にそれを演じてくれていました。

Posted by Picasa

あわせて読みたい

コメントを残す